一戸建ての価格はマンション程には下がっていないという面もあるものの、バブル期に比べれば大幅に低下しています

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

一戸建て住宅の現在の価格など

バブル崩壊後は住宅価格が年々低下していますが、一戸建ての価格はマンション程には下がっていないという面もあるものの、バブル期に比べれば大幅に低下しています。しかし住宅価格の低下もあくまでも平均価格にすぎないということで、立地や建物、敷地面積などで変わってきます。特に立地などでの価格の違いは大きく、比較的に価格の安い地方に比べて価格の高い大都市圏ほど、立地による価格差が大きくなるようです。各地域の中で欲しいと思っている沿線の価格がどうなっているか、又、希望している駅からの近隣の地域なども確認しておく必要があります。立地にはこだわらず、土地付きの一戸建てが欲しい場合には比較的人気が低い価格の安い地域ほど価格の低下率が大きくなる傾向がありますので価格を優先する場合は買いやすくなります。

昔の高度成長時代であれば若いうちに分譲マンションを買って収入面で余裕が出てくれば一戸建てに買換えということができましたが、現代では住宅価格が上がらないし、むしろ下がる現況では買い換えは簡単ではありません。価格の低下によってマンションを売却して得た売却益を買い換え資金にできないし、一戸建ても価格が低下している状況です。