建売を買うのがいいかそれとも注文住宅がいいのか。一戸建てを買うと決めたらまずは予算と間取りから。

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

一戸建て建売か注文か悩んでいる方へ

一戸建てを買うと決めたら先ず最初に考えておくべきなのが予算と間取りです。最低限これだけの間取りが欲しいと決めたら予算を見積ります。大体の概算でも良いので予算を知ることができれば購入可能か否かが分かります。その際に最初は建売で平均的な予算を掴みその上で注文ならいくら位するのかを詳しく調べると言う方法も有ります。

建売り住宅の場合はすでに建っているのですから間取りはきちんと決まっていますし各部屋の広さも決まっています。浴室やリビングを今より広くしたいと考えていても実際に希望に合う広さを確保することは不可能です。元から間取りも決まっているのだから妥協できる範囲であれば買うと言うのが建売だと思います。家が建っているということは土地の広さも決まっているのですからもう少し広くしたいと思ってもそれは無理な話ですから希望が多い方は注文住宅を購入する方が満足度は断然高いでしょう。

建売り住宅と注文住宅では同じ大きさの家を建てても予算はかなりの差が出ます。しかし、家は一生ものですから予算をしっかり組める人であれば自分の希望がたくさん詰まった家に住む方が良いと思います。しかし、家を持つということはお金が絡むことですから予算的に余裕を持ちたい場合は注文住宅を購入するのは難しいでしょう。いずれにせよ、家を持つ土地によって土地そのものの単価も大きく変動しますので近隣の土地も合わせて市場を詳しく調べて納得して一戸建てを購入する事をお勧めします。

お役立ち情報