一戸建て住宅を建てる際には、雨漏りや地盤沈下などが起こった際に保証してもらえるサービスがあります。

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

一戸建て住宅の保証サービス

一戸建て住宅を建てる際に、手数料を支払い事前に申し込んでおくだけで、完成後の雨漏りによる漏水や地盤沈下などが発生した際に是正に必要な費用を補償してもらえるサービスがあります。このサービスは民間の会社が提供しているものであり、基本的には既に建っている住宅は保証の対象外となります。住宅には建ったあとの数年後に雨漏りによる漏水に気付いたり、地盤が徐々に沈下したりすることにより家全体が傾くことによる不具合が判明するため、すぐには対応が出来ない不具合内容ばかりです。しかも雨漏りや地盤沈下に対して是正する工事は非常に金額が高く、個人の費用では実施出来ない工事となりますので、注意が必要です。

このようなリスクを事前に回避するため、地盤保証会社による保証サービスが効果的です。この保証を受けるには申請費用が10万円以上かかるのですが、実際に漏水や地盤沈下が起こった場合の是正工事の費用に比べたら小額ですので保険つもりで是非申請しておくことをお勧めします。サービスを申し込むと、工事中に保証会社の検査員が基礎工事と防水工事の段階で現場を入念にチェックし、合格することが必要です。会社も営利目的なので、当然の内容であり、第三者の目で見てくれますので品質の向上にも繋がります。もし工事完了後に漏水や地盤沈下が起きた場合は、その状況を確認してもらい是正に必要な費用を見積もりし、その内容を確認してもらった上で費用を負担してもらう段取りになります。

お役立ち情報