一戸建て住宅に欠陥があれば、売主の負担で修理してもらえますが、中古住宅では無理な場合もあります。

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

一戸建て住宅の瑕疵担保責任

一戸建て住宅を購入するとき、誰でもいちばん不安なのは、欠陥住宅の可能性でしょう。外見は綺麗でも、いざ住んでみると雨が漏ったり床下が腐っていたりでは、金銭的にも精神的にも大きな損害を受けてしまいます。そこで現在では、すべての新築住宅について、10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。もし住宅に欠陥があった場合は、売主が無償で修理しなければなりません。これに反する特約を設けても無効なので、買主は安心して新築一戸建てを購入できます。

ただし中古一戸建ての場合は、瑕疵担保免責の特約を結ぶことが可能です。この特約を結べば、欠陥があっても売主に責任はなく、買主が自費で修繕しなければなりません。中古住宅は予期しないところが傷んでいることも多く、売主に責任を負わせるのは酷だとされているためです。ただし、売主が欠陥を知っていたか、容易に知りえたのに、黙って売買したときは、やはり売主が責任を負わなければなりません。

中古住宅であっても、売主が不動産業者の場合は、瑕疵担保免責の特約は無効です。業者は建物の欠陥を知っているのが当然と考えられるからです。このときは欠陥を発見してから1年間、不動産業者が責任を持つことになります。

お役立ち情報