東京郊外からさらに奥の山あいに、一戸建ての中古物件を購入。古民家風にリフォームをして、理想的な住まいへ。

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

中古一戸建てが素敵な古民家に

首都圏でも郊外の方へ行くとけっこう空き家があります。地方の過疎化とは比べようもないですが、都心から離れればそれだけ人の流出がどの自治体でも起こっているのでしょう。土地単価も東京や神奈川と思えないほど安かったりします。私は東京の都心の方で働いていますが、元来が田舎育ちのためか、住まいは都心近郊の住宅街よりも、そこからさらに山あいに入ったあたりの自然が豊かなところにしたいという願望がありました。そこで目をつけたのが、そういった地域の空き家中古物件です。

地元の不動産屋さんをめぐったところ、状態のよい戸建て中古物件が数多くありました。そのうちの一軒を購入。木造の二階建住宅です。そのままではちょっと現代生活は不便そうだったので、リフォームをすることになりましたが、どうせリフォームをするのならいっそ古民家風なおしゃれな感じにするかということになりました。もともと首都圏相場よりも安い値段で購入ひているので、予算的にはちょっと余裕があったということもあります。また自分たちらしさを家に反映させたいという願いもありました。完成した家は立派な古民家風一戸建てとなりました。住まいに関しては一生を過ごす可能性もありますので、とことんこだわりたいですね。

お役立ち情報