一戸建て住宅にはマンションとは違った防犯設備が必要であり、その概要について説明いたします。

一戸建てを維持する為の費用について
一戸建てを維持する為の費用について

一戸建て住宅の防犯設備について

一戸建て住宅は土地と建物を所有者自身が守っていく必要があり、マンションなどの集合住宅が消防全員でセキュリティを確保するのとは違い、個人の責任となります。特に防犯上重要である屋外における防犯設備について説明いたします。屋外には敷地に入る前に門扉とフェンスを設置する必要があり、全くそれらを設けないというのは防犯上のリスクは非常に高くなります。とはいえ門扉とフェンスを閉鎖的に造ってしまうと、かえって周辺の街並みとの調和が崩れたりすることもありますので、防犯性と開放性のバランスが取れた計画にすることが重要となります。

フェンスに関しては容易に住宅の中が見えない高さにし、また不審者による侵入を出来るだけなくすような高さや措置を講ずる必要があります。門扉に関しては簡単に不審者でも開けられる構造になっていると、防犯上好ましくないため、出来るなら門扉にも鍵をかけられる仕様にしておくべきです。最新の門扉はリモコンなどで鍵が不要な非接触開錠が出来るタイプもありますので、検討しておきましょう。駐車スペースにおいても出来れは専用のシャッターなどを設置しておくことをお勧めします。照明器具に関しても人感センサー付きの照明器具にしておくことで、不審者に警戒心を与える効果がありますので、有効な防犯設備になります。